So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
視力アップトレーニング ブログトップ
前の3件 | -

視力回復に役立ちそうなフリーソフト [視力アップトレーニング]

視力回復を支援するフリーソフトを紹介します。

視力検査ツール
視力検査がパソコンの画面で手軽にできるソフトです。視力は 0.01 ~ 5.0 まで検査できます。一人で検査するときは、自動表示されますが、二人で検査するときは手動表示も可能です。

Eye Tool
視力回復トレーニングをトライしても、いつも三日坊主に終わってしまう作者が、視力回復トレーニングの一部だけでもパソコン自体を利用して効率的にできるよう作成したのがこのソフトだそうです。

SgViewer
ステレオ画像を立体視して自律神経の調和を高めることを支援するソフトです。左目/右目用の2枚1組の画像を、パラレル法とクロス法で眺めることで視力の遠近トレーニングを行い「眼力」の改善を目指します。

ラジオ体操第五
奥行きのある背景を、たまが行ったり来たりします。それを目で追って、目のピントを合わせる筋肉を鍛えます。

瞬間視力
ゲーム間隔で瞬間視力を訓練するソフトです。

アイアイで視力回復
表示される文字や丸や十字を目で追う簡単なソフトです。 疲れた目の筋肉をストレッチして、目の疲れや緊張を解きほぐしてくれます。視力回復、動体視力、視野、速読力、右脳能力等をアップにも期待できます。

動体視力UP APEX
16個の多彩なトレーニングで、眼(動体視力、瞬間視 、眼球運動、周辺視野、反射速度、速読)、脳(集中力、判断力、記憶力)を鍛えることができます。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!





ピンホールメガネで視力回復! [視力アップトレーニング]

ピンホールメガネは、視力回復に効果があるとされるグッズのことで、本来メガネのレンズの部分が、小さな穴がたくさん開いた形状に加工されたプラスチックなどがついているメガネです。

通常、目に入る光は、レンズにあたる水晶体を通過するときに、屈折という過程を経るのですが、ピンホールメガネの場合は、光は、小さな一つの穴を通るため、水晶体のど真ん中を通過することになるために、凸レンズの影響を少なくて済むわけです。
近視と言うのは水晶体を調整する毛様体筋が緊張して、遠くにピントが合わせられない状態にありますが、ピンホールメガネは、毛様体筋を使わなく(水晶体を薄くしなく)ても、網膜に焦点を合わせることができるので、ピンホールメガネをかけるだけで、近眼でも遠くがよく見えるというのが理屈です。

目を開けているだけで、目の中には光が入ってきてしまいます。そのため、毛様体筋は、常に遠近調節を続けてなければならず、疲労しがちになります。
ピンホールメガネを使っている間は、毛様体筋をさほどつかわなくても、モノを見ることができますので、ピンホールメガネをかけているときは、目をリラックスさせたまま、周囲を見ることができるます。

軽い近視の場合、ピンホールメガネによって、毛様体筋の緊張を和らげることできれば、視力が回復する期待できるでしょう。
大幅な視力回復の効果を期待すると言うより、疲れ目の解消や眼精疲労の予防に活用するグッズと位置づけて、考えておくと良いのではないでしょうか。






寝ている間に視力が回復するコンタクト「オサート」とは? [視力アップトレーニング]

「オサート」とは、視力回復用の特殊なコンタクトレンズを装用して視力を矯正する「オルソケラトロジー」を進化させた視力矯正法です。
オサートもオルソケラトロジーも、夜間に専用コンタクトレンズを装用して、角膜表面の形状を凹レンズ型に矯正するので、レンズを外しても、角膜に型付けされた凹レンズ形状は、一定時間残り、日中は十分な裸眼視力を維持できるわけです。

では、オサートが、どう進化したのと言うと、従来のオルソケラトロジーは、一回のレンズデザインで治療するため、対象者が「軽度の近視」のみに限られるという限界がありました。しかし、オサートは、一人ひとりの角膜形状に合わせて精密にデザインされた「専用コンタクトレンズ」を装用するので、中度近視や強度近視、レーザー手術が適さない円錐角膜、レーザー手術後に出現した再近視化や角膜移植後の不整乱視など、あらゆる角膜形状に対応可能としている点です。

このように一人ひとりにレンズデザインを段階的に分けてステップアップしていくので、0.01の強度近視であっても徐々に矯正され、最終的には1.5程度まで裸眼視力の改善が見込まれるそうです。
ただし、強いアレルギーを持っている人や、ひどいドライアイの人などには向かないということがあるそうです。

もちろん、レーシック手術とは異なり、角膜にレーザーを入れ、屈折力を調整するわけではありませんので、使用を中止すれば元の視力に戻ってしまいますし、視力が安定しにくいというデメリットもあります。
それと、コンタクトレンズを着けたままな就寝するわけですから、通常のコンタクトレンズ同様、角膜に傷がつく可能性があったり、眼の炎症を起こす可能性のあることは留意しておきましょう。

また、オサート治療の費用は、保険の適用がありません。専用のコンタクトレンズをオーダーメイドすることもあり、両眼で40万円、片眼でも27万円程度かかります。

レーシック手術は、一度の手術で視力が飛躍的に回復が見込めますが、オサートは長い期間コンタクトを装着して矯正していかなければなりません。
一方で、レーシック手術ではレーザーで角膜を削ってしまうので、やり直しは出来ませんが、オサートはでは角膜を型をつけているだけなので、使用を中止すれば元の角膜の形に戻ることも大きな違いです。
リスクと費用、そして手間などを考慮して、自分にあった治療法を探してみて下さい。

効果が実感できなければ全額返金保証付!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士の視力回復トレーニングです。





前の3件 | - 視力アップトレーニング ブログトップ
RSS RSS1.0 | RSS2.0 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。